【自分で向き合う事】アナログの良さ

皆さんこんにちは!Zeal plusのスタイリストの山本です!

今日はどちらかといえば同業者である美容師さん、特に若手の方に向けた内容かも

そうじゃない方も、美容師の裏側の1つとしてみていただければ嬉しいです!

おかげ様で、日々色々なお客様を担当させていただいています。そしてスタイリストになってやはりお客様の顧客管理というのは必要になってきます。僕は定期的にチェックします。


■今やデジタルが当たり前

最近はカルテなども電子カルテも導入しているサロンもあってパソコンでデータとして色々細かい情報を見れたりします。

■でも僕は今でもアナログ

デジタル化というのはとても便利ですが、僕は今でもこの『顧客管理』だけはノートに手書きで管理しています。
実際の僕のノート、来店日と顧客のお名前とメニューが書かれていて来店されたらチェックを入れます。あとご新規の方は分かるようにしています。

■アナログにすることでメリットも

手書きは正直労力もいるし、めんどくさいですがそれを報われるだけの良いこともあります。

■自分の弱点が分かる

リピート率を出す事で、自分の弱点が見えてきます。どのメニューのリピートが高くて、どれが低いのか?年代とか性別とか?色々分かるので、美容師としての弱い部分の強化のポイントや自分の強みが分かります!

■DMを出す時の参考に  

僕は分析する時に前月を遡って約4カ月周期でみていくのですが(例えば分析する時点で10月の場合、6月〜9月を見ます)
来店されていないお客様が一目で分かるのでDMを出す時の参考になります!既存のお客様にもDMを出すタイミングも計れるのでよりパーソナルな内容で送る事が出来ます。その方がお客様も喜んでいただけます!


■直に書くことでの意識改革

ノートに直接書くことで歴の浅いお客様の名前も頭に入っていきますし、ここまで労力をかけた事はやっぱり身に染みるというか、意識が変わり、リアルな目標がたてやすいと思います

■積み重ねる事で強みと大切なモノに

僕は自分を客観視して、『自己反省』と『それに向けての改善』を繰り返して美容師として高めていく必要があると思っています。

自分と向き合い続ける事で成長できる訳だし、それが良い数字となって変わって来るととても嬉しいし、もっと良くなるよう、サロンワークの内容が変わってくるはず!
僕ももう少しで続けて7年位になりました!今やそのノートもかけがえのない宝物です。


デジタル時代の今だらからこそ一見無駄だと思えるこのアナログもすごく大切だと思います!日々積み重ね、一歩一歩、前に進んで行きますっ!



最後まで読んでいただきありがとうございました!

0コメント

  • 1000 / 1000

TATSUYA YAMAMOTO

hair salon aimy 【ケア&カラーデザイナー】ヤマモトタツヤのBLOG