【行楽シーズン突入!】親子で体験した〇〇が実は『健康』と『美容』についてメリットだらけだった!!

皆さんこんにちは!明石のサロンZeal plus

明石 ケア&カラーデザイナーの山本です

兵庫県の明石でカラーと髪質改善を中心にスタイリストをさせていただいております

月火とお店の定休日で休みでした
その休みの日に5歳の息子と2人っきりの

『登山』

に行ってきました!元々僕は登山は趣味にしてたのですが最近はご無沙汰でした。しかも子供にとっては初めての登山。まさかこんな日が来るとは・・・嬉しい(涙)
前日が台風でしたが、その影響もない位快晴でした!
子供の足にあわせて約3時間位のコースでしたがやっぱり楽しかったです!そんな登山

【実は登山って体や美容に関するメリットがあるんですっ!】

実はただのレジャーと思われがちな登山ですが、実は非常に健康効果が高く、人のカラダにとって理想的な運動でもあるのです。
今回はそのメリットを紹介します

1.身体が鍛えられる

登山はそこそこの長時間運動になります。登山は『有酸素運動』長時間の有酸素運動は心肺機能を確実に強化し、スタミナのあるタフで健康的な身体に改善されます。

2.ダイエットに最適

上で述べたように、登山は『有酸素運動』でありながら、筋肉も同時に鍛えられます。それに平地の運動に比べ、カロリーの消費量が違います。そしてもう1つ

”登山は脂肪の燃焼量が違います。”

だいたい登山中は途中で休憩を挟みます。人は山を登っている時、主に糖質を主体としたエネルギーが消費されますが実は歩みを止めて休憩をしている時にも脂肪は燃焼されています。

効率よく筋力を使いながら脂肪を燃焼する

このように登山はダイエットに必要な運動を1度でまかなえてしまうというメリットがあるのです。

3.【癒し】の効果でリラックス

登山は『自然の中』という日常とはかけ離れた場所に行く事になるので、普段の生活ではなかなか味わう事のない自然を五感で思いっきり堪能できるので、

日頃の悩みやストレスから解放されます

風を感じたり、見晴らしの良い綺麗な景色を見ると最高ですよ!

4.登山でアンチエイジング 効果!?

登山は健康だけでなく実は美容にも良いのです。 

長時間の有酸素運動によって【体の基礎代謝が上がります】

代謝が上がるという事は”細胞の活性化に繋がる”ので肌のツヤや血色が良くなって美肌効果が期待出来ます。(UVはしましょうね)
あと筋肉を使うことで筋繊維は破壊されます。(つまり筋肉痛の事)それを回復させる時に成長ホルモンが分泌されます。

通称“若返りホルモン”とも呼ばれるこのホルモンは年々、歳を重ねるごとに減少していきますが、

山登りをする事でその分泌を促す事が出来るのです。

これは女性にとって嬉しい効果ですね!


5.体内リズムが整う

日々忙しく生活をしていると、どうしても不規則な生活になってしまうという人も多いはず。そういった生活リズムの乱れを、 登山をする事で正す事が出来ます
登山は早朝に登る事が多いのですがもちろん朝は早起きで行動し、太陽の光をめいいっぱい浴びながら山に登り、帰宅後、夜は一日の疲れからスッと眠りに就く事ができます。

これらの工程は、体内時計を整えるのにまさに理想的なサイクルなのです。


以上5点のメリットを挙げましたが
これはやらない手はないですね!?

健康の為に登るという場合は登山の頻度は月に2度位、出来ることなら週に1度登るのが理想と言われています。今回挙げたこれらのメリットは効継続する事によってその健康&美容効果を得る事が出来るでしょう。

気候も秋になり行楽しやすく紅葉などの楽しみも増えるこれからの時期、健康や美容の為の『登山』を始めてみるのもいいのではないでしょうか!?是非参考にして下さい

また明石エリア、その他エリアでもヘアカラーや髪質でお困りの方は山本までお声かけ下さい!




ご予約はこちらから24時間受け付け中

色味やスタイル、料金についてのご相談も承っております。LINE@からご登録、メッセージよろしくお願いします

Zeal plus

ヤマモトタツヤ
明石市西明石町13-6 プラスパ西明石103
TEL078-929-7211
定休日 月曜日・第3火曜
Instagram
https://instagram.com/hige.t/

【aimy】BLOG

・明石エリア西明石駅から徒歩5分完全マンツーマンサロンaimy 髪質改善とヘアカラー、ヘアケアという"素材を綺麗に扱い易く綺麗に魅せる"メニューを得意としたヘアサロンです 『aimy』 〒673-0017 兵庫県明石市野々上3丁目15-15-102 TEL 078-926-1990 定休日月曜・第3火曜 駐車場有り/各種クレジットOK

0コメント

  • 1000 / 1000